2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・マスターズ・オブ・ストラトキャスター ~50TH アニヴァーサリー 1954-2004 (国内ギタリスト盤)ザ・マスターズ・オブ・ストラトキャスター ~50TH アニヴァーサリー 1954-2004 (国内ギタリスト盤)
(2004/08/04)
オムニバス、PINK CLOUD 他

商品詳細を見る

もう1年くらい前になるが、友人からFender Stratcasterを購入した。

ギタリストでは無い方にFenderの説明を。「ストラトキャスター」というギターは、「レスポール」という種類と並んで、ギターの中で最もポピュラーだと言われている。ストラトキャスターは「Fender」社、「レスポール」は「Gibson」社によって作られているものが一般的だ。そして、このFenderとGibsonには大きな派閥がある。どちらが良い・悪いではないのだが、単純に好き嫌いの問題だ。ちなみに僕は完全な「Fender派」である。その証拠に、Fenderのギターは2本持っているが、Gibsonは1本も無く、今後買う予定もない。

ストラトの良い所はたくさんある。フロントPUのくしゃっとした音、ハーフトーンのクリーン×コーラスの気持ち良さ、リアPUで演奏したブルースの古臭さ。そしてネックが細くて弾きやすい。ビジュアルも格好良い。アームも付いていて多機能。褒め始めるとキリが無くなってくる。Fender派のギタリストと酒を飲むと、こういうことを3時間くらい語られるので気をつけた方が良い。

そんなストラトの魅力がたっぷり詰まっている「MASTERS OF STRATOCASTER ~ 50th Anniversary 1954-2004」というアルバム。ストラトを好んで使っているギタリストの楽曲の中で、「これぞストラト!」という音を鳴らしている楽曲をオムニバスで詰め込んだ、マニアのためのマニアな1枚。さぁ、このアルバムを肴にして、今日もLet's talk abous Fender Stratcaster!

動画は、QUEENのギタリスト、ブライアン・メイによるストラトマニアのためのトーク。

Christmas GreetingsChristmas Greetings
(2002/11/20)
鳥山雄司、有坂美香 他

商品詳細を見る

先日FNS歌謡祭が放送された。例年通り、プロデュースはピアノの武部聡志さん&鳥山雄司さんというタッグだった。

4時間という非常に長い放送時間の中で、もちろんカラオケの楽曲も数曲あるが、80曲強の楽曲を全て生演奏でお届けする、音楽家にとっては宝物のようなTV番組。個人的には、BDレコーダーはFNS歌謡祭のために購入したと言っても過言ではない。

演奏技術だけで言えば、もちろんそれぞれ素晴らしいは素晴らしいが、そこまで難しいことをやっているわけではない。コード弾きだったり、簡単なオブリだったり、原曲に忠実なソロパートだったり…。暗譜したり譜面に書いてあればそこまでの難度ではないはずだが、日々忙殺される中で80曲の練習~暗記はかなりのハードルだ。武部さんに至っては、生演奏が可能なように全曲を編曲し、パートごとに譜面を渡している。気の遠くなる作業だろう。改めて尊敬した。

鳥山さんは、ずっと上手に席を構えて、1曲1曲目立つことなく演奏をこなしていく。エレキ/アコギはそれぞれの楽曲ごとに音色を原曲に近いものに変え、丁寧に演奏し、フロントのボーカリストを立たせていく。これぞ、スタジオミュージシャンのあるべき姿である。ベース/ドラム/管弦楽団もその形に徹していた。鳴らす部分は鳴らし、鳴らさない部分は鳴らさない。どんな場面においても応用できる考え方だ。

「Christmas Greetings」は鳥山雄司さんによるクリスマスアルバム。「Sant Claus is Coming To Town」のようなクリスマス楽曲を様々なミュージシャンとコラボして演奏している。アコースティックが多いが、テクニックもバリバリなのでギタリストは必聴。毎年クリスマス近辺は何かしらのライブをしていたなぁ。今年も何かやろうかな。

TendernessTenderness
(1994/11/21)
小野正利

商品詳細を見る

今週の弊社番組「こむ○ゃっと」に小野正利さんが出演予定だそうで、ガルネリウスの活動も目立って来たようなので、その記念じゃないけど小野さんのアルバム「Tenderness」。

小野さんを初めて知ったのは、TVアニメ「ママはぽよぽよザウルスがお好き」のEDを彼が担当していた時だ。超絶ハイトーンボーカルなのに全くキツそうではない歌い方、澄んだリバーブに一発で虜になった。彼を掘っていけば行くほど活動が奥深く、元々はHR/HMのボーカリストとして活動していたというところで、自分の趣味と繋がって更に興味深く掘っていくこととなった。

小野さんの楽曲を歌えるようになりたくて、毎日カラオケで喉を潰すまでハイトーンの練習に励んだ。家でアコースティックギターを弾きながら彼の歌を練習した。結果今では、中学生時より1オクターブくらい高い音まで出せるようになったので、良い青春時代が送れたなぁと思っている。「ミックスボイス」の出し方もこの頃知ったなぁ。

「Tenderness」は彼の4thアルバム。3rdまでは若干「ロック売り」をしていた感じだったが、4thはボーカルに更に強くリバーブをかけ、AOR路線に。発売日が冬だったので、冬っぽいアレンジ/歌い方の楽曲が多く、ロック発声ではないので心地よく聴くことが出来る。

小野さんは当時Takamineのエレアコを使っており、僕も買おうかなーとか迷ったものだ。音楽をやるには、ある程度ミーハーな時期を通るのが成長の近道だと再認識。久しぶりにアコギ弾き語りやってみようかな。


TVアニメ「ガンパレード・オーケストラ」オリジナルサウンドトラック Vol.2 ~アコースティック編~TVアニメ「ガンパレード・オーケストラ」オリジナルサウンドトラック Vol.2 ~アコースティック編~
(2006/03/08)
古川昌義

商品詳細を見る

アニメを見たことがないけど、劇伴やミュージシャンが好きな人だったら、サウンドトラックは買います。こういう人、そんなに少なくないんじゃないかと思う。

世の中、質の高いインストアルバムは溢れるほどリリースされているわけではないので、いくらドラマ/映画/アニメのコンテンツ数が多いとはいえ、自分の見ているコンテンツはほんの数点。そこから好きな劇伴を見つけるのも難しい。ましてや自分の職業はラジオ局。いつプロデューサーからディレクターに戻るか分からない立場なので、たくさんの劇伴を知っておくに越したことはない。最近始まった土曜日の番組、天気予報のBGMはサイバーフォーミュラだと聞いて、やはり劇伴好きの自分はラジオコンテンツが好きだと再認識した。

それはそうと、今回はアニメ「ガンパレード・オーケストラ」のサウンドトラックだ。アコースティックギターがフィーチャーされている楽曲たちで、作曲はもちろんアコースティックギタリストの古川昌義さん。古川さんのアコギは、小倉さんや佐橋さんとは違い、先日レビューも書いたDIMENSIONの増さんのギターのような「なじむギター」である。バッキングをしていても、まるで打ち込みのように正確で、でも感情はきちんと入っている、教科書のようなプレイをされる。ピッキングやアルペジオも正確なので、逆に古川さんのようなプレイをアドリブで出来るようになれば、スタジオミュージシャンとしてはかなり重宝されるのだと思う。だからこそ劇伴のような「メロディ/アレンジには気持ちを込めるけど、演奏に気持ちをそこまで込めるものでもない」楽曲には合っているのだろう。

バックミュージシャンも豪華だ。青柳誠さん/三沢またろうさん/江口信夫さん/松原秀樹さんなど。彼らだけでフュージョンライブをすればすぐ大きなハコがいっぱいになってしまうほど。劇伴は贅沢で、高品質で、聴きごたえがあるから好きだ。

ギタドラ!GUITAR FREAKS 4thMIX & drummania 3rdMIXギタドラ!GUITAR FREAKS 4thMIX & drummania 3rdMIX
(2001/09/20)
PlayStation2

商品詳細を見る

ギターフリークスというKONAMIの音ゲーがある。ゲームセンターにまだ置いてあるくらいだから、プレイヤーも多いのだろう。しかしは音ゲーというジャンルは素晴らしい!KONAMIやこのジャンルがあるから生き残っていけているのだと思う。あとラブプラス。

原盤権の問題の隙を上手く突いたビジネススキームである。オリジナルの楽曲を作ってレコーディングして、そのサウンドトラックをKONAMIのレーベルからリリースする。その原盤を使ってアーケードゲーム/コンシューマゲームを作り、販売する。マネタイズの機会が多重になり、リスクヘッジも出来る。アーケードゲームは1度当たれば永久に遊んでくれるので、ハコ側としてはありがたい遊戯台だ。うーん、凄い。

今回は「4th」と、ドラムマニアの「3rd」のサウンドトラックだ。コレ系の楽曲は実はクオリティがあまり高くない。安めの作曲家/DTMミュージシャンにカラオケを作ってもらえば、レコーディング費は嵩まず、買い切りで済むからである。

しかしアルバムには「桜の時」「LIAR!LIAR!」「愛のしるし」といった懐かしのJ-POP楽曲の名前や「DADDY,BROTHER,LOVER,LITTLE BOY」「KILLER QUEEN」「BAD MEDICINE」という、ギターキッズなら絶対コピーしたことがある洋楽ロック楽曲の名前が!聴いてみると、たまらず大爆笑。原曲を全て完コピして、ボーカルも声質の似たスタジオコーラス・ミュージシャンによる歌唱が入っている。要は「既存の楽曲の完全コピー」がそれぞれ入っているのだ。これも「原盤権の隙」を突いた手法だ。これならレコード協会やCPRA(実演家管理団体)にお金は払わなくて良い。しかも演奏を生業にしたい素人ミュージシャンを使ってあげれば、一石二鳥だ。流石KONAMI。


だけどMR.BIGのギターソロは弾けていない気がするなあ…。もっと上手い人起用すれば良かったのに。

イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。