2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MELODY BlvdMELODY Blvd
(1995/01/25)
久石譲

商品詳細を見る

久石譲さんは、好き嫌いが完全に2つに分かれる作曲家だと思う。自分は基本的には好きだが「久石さん節」という意味での唯一な作曲家という意味では、他の人に劣るのではないかと個人的には思ってしまう。もちろん、素晴らしいメロディメーカーであることに間違いはない。

久石さんといえばもちろん「ジブリ」なのだが、実写映画やアニメのサウンドトラックなども多く担当している。そういう映画を見ながら「この劇伴は誰かなぁ?菅野よう子さんかな?」と予想することが多い。これが意外と当たって楽しいのだ。
佐藤直紀さん、大島ミチルさん、佐橋俊彦さん、田中公平さん、色々な劇伴作曲家の方がいらっしゃるが、それぞれ魅力たっぷり且つ「○○節」がはっきりしており、メロの癖やストリングスアレンジの癖などで結構BGMから予想をつけることが出来る。佐藤直紀さんなんて9割くらいの確率で当てることが出来ちゃいます。結構自慢です、これ。

でも、久石さんは全然当たったことがない。というか、BGMを聴いても誰だかさっぱり検討がつかない劇伴なのだ。これは映画を見終わった後にメロディが自分の中に残っていなかったり、久石さん自体のメロディというものが自分の中に固定されていないことが原因だろう。

「もののけ姫」「風のとおり道」「さんぽ」など、並べてみるとどうだろう?ポップでキャッチーなメロディではあるが、統一性がないように思えてしまう。うーん、難しいが、とりあえず個性にかけている・・・のかな?楽曲だけで見るとそうでもないんだけど。「さんぽ」、超大好きな曲だけどね。

このアルバム「MELODY Blvd」は、そんな久石さんが映画/ドラマのために書いた主題歌を、LAのスタジオミュージシャンがリレコーディングしたアルバム。キーボードとプロデュースはもちろん久石さん本人だ。ギターにはマイケルランドゥとかポールジャクソンジュニアとかそこら辺のメンツが参加している。

9曲入りだが、イマイチぱっとしないんだなぁ。「時をかける少女」のメインテーマ(原曲は河井英里さん)は曲が有名だから分かりやすいけど、最後まで印象が薄いアルバムとなった。

「千と千尋」のサントラとかは昔よく聴いてたけど・・・やっぱり1曲1曲の印象ないもんなぁ。単純に自分が好きじゃないだけなのかも。


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。