2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミス・ソウルミス・ソウル
(2006/04/19)
エリック・レニーニ・トリオ

商品詳細を見る

2年前の東京JAZZ@国際フォーラムは「日仏交流150周年」を記念して、「French Jazz Quarter」と題してフランスのジャズアーティストが多数来日してライブを行った。その中でも最も自分が好きなアーティストがEric Legniniである。

ふとっちょな体系でひょうきんなキャラクターのエリックだが、非常にノリとタッチの良いピアノを弾く。フランス音楽といえばセルジュ・ゲンズブールのような吐息溢れる楽曲もしくはセレブ的なラウンジ・ミュージックを想像してしまうが、エリックのピアノはアメリカ的なノリの良さもあり、完全なブルースコードでキース・ジャレットのような歌うようなアドリブを演奏する。キースよろしく彼もピアノのフレーズを弾きながら奇声をあげて歌うのだ。キース・ジャレット好きな自分としてはそんなところも好き。

テクニックバリバリのモダンジャズも、コードが変わりまくるフュージョン・ピアニストも好きだが、こういう王道ジャズのピアノがやっぱり一番好き。演奏もある一定ラインの上手さを超えると、今度は手癖やノリの違いが好みの違いにダイレクトに関わってくる。
国際フォーラムホールAでは多くのジャズ・ピアニストの演奏を見てきたが、彼の「フランス的バカらしさ(もちろん良い意味)」「日本人受けするセンス」「安定したテクニック」が合力した魅力は言葉では伝え切れない。また来日してステキな演奏を聴かせて欲しいものだ。

こんなに自由にピアノ弾けたら良いのになぁ。


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。