2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも逢えるわけじゃないからいつも逢えるわけじゃないから
(1995/03/08)
楠瀬誠志郎

商品詳細を見る

鳥山さん&武部さんサウンド PART Ⅱ。穏やかな声と暖かなアレンジが合わさったシンガーソングライター・楠瀬誠志郎さん。

知ったのはKATSUMIさんのバックコーラスからだったかな。J-AORのアーティストのバックには、Joe Rinoieさん、楠瀬さん、そして木戸さん&比山さんのコンビのコーラスが多かった。Joe Rinoieさんと木戸さん&比山さんは素性を知っていたので、楠瀬さんのCDを買ってみたくなったという流れだ。

ブックオフ等では楠瀬さんのCDはかなり安く売られている。それだけCDが売れたということだろうか。

彼の声質は非常に独特で、1回聴いたら耳から離れない。ハイトーンなのに張らず、平べったい声なのに優しく、キンキンせずほわっとしている。そしてダブリングしていないのにコーラスエフェクトをかけたような声質。コーラスワークによく使われるわけだ。楠瀬さんの声の虜になってしまったおかげで、彼のコーラスはすぐに聞き分けられるようになってしまった。

楽曲もほとんど彼自身が作曲していて「懐かしいJ-POPサウンド」だ。松田聖子やユーミンといったバブリー時代の音楽的アプローチがとても心地よい。そして編曲を武部聡志さんや鳥山雄司さんが施しており、アンビエントながら16ビートでリバーブが深いという「ビーチボーイズ・サントラ」サウンドが展開されている。

広い空間に包まれたい人にオススメ。このアルバム「いつも逢えるわけじゃないから・・・」は1990年のアルバム。正に武部さん全盛期だ。当時のJ-POPサウンドを代表するポップスアレンジであるとも言えるだろう。


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。