2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

forever youforever you
(1995/03/10)
ZARD

商品詳細を見る

誰かが言っていた。「ZARDの曲は順列組み合わせだ」と。

まずコード。Ⅳ → Ⅴ → Ⅲm → Ⅵ → Ⅱm → Ⅴ7 → Ⅰ → Ⅰ7 というコード進行がZARDの楽曲の9割だと思う。このコードを上手く組み合わせて、メロディを鼻歌で歌えば曲が完成する。

歌詞。「今すぐ会いたい」「ぬくもりが欲しい」「もう戻れない」「こんなに愛しているのに」「あなたを感じていたい」 …ほら、ZARDっぽい歌詞の完成である。

決してZARDは嫌いではない。むしろ大好きで、アルバムもほとんど全部持っている。魅力は「80年代J-AORなバンドサウンド」と「坂井泉水の歌声」、そして「織田哲郎の作曲」である。

ZARDの作曲者は、「ぜったいに誰も」でお馴染み、ZYYGのベーシスト・栗林誠一郎か、TUBEのギタリスト・春畑道哉、そして天下の織田哲郎先生の3人がほぼほぼ書いていることが多い。このアルバム「forever you」もこの3人のみで作曲されている盤である。

栗林さんはコーラスワークの得意なミュージシャンだが、正直作曲は上手いと思わない。上記に書いたような「順列組み合わせ的楽曲」がZARDに多いのは、彼の手による作曲が多く、彼のせいでそうなってしまっていると言ってもいい。ちなみに栗林さんのソロアルバムを聴いても、ZARD楽曲と同様の感想を持つ。

春畑さんは超絶ギタリストながらメロディメーカー。彼が書く楽曲は全てTUBEになり、TUBEの暑苦しさは彼の楽曲センスによるもの。ZARDに書いた彼の楽曲は、TUBEっぽい穏やかなバラードもしくは暑苦しいロックサウンドばかり。前田さんの声には合うけど、坂井さんに合うかと言われればどうかなー。

それに比べて、織田哲郎先生の楽曲は「1回でサビが覚えられる」「先の展開が読めないけど非常に心地よい」「坂井さんの歌声にも合っている」「古くなく、いつまでも歌い継がれていくメロディ」である。100点満点だ。何故この差が生まれるかは具体的には分からないのだが、才能なのだろう。

このアルバムを通して聴いてみて、「いい曲だなぁ」と思った楽曲は全て織田さん作曲だった。「Forever you」「あなたを感じていたい」「I'm in love」「瞳そらさないで」 …織田さんの楽曲作りにはただただ脱帽だ。


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。