2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEONLEON
(1995/02/02)
サントラ

商品詳細を見る

あまり映画を見ない方なので、洋画を見る機会なんて無かった。中学に入り、現代国語の先生が映画好きだったせいで、授業の時間に映画を見せて終わり、ということが何度かあった。その中でも印象に残っているのが「LEON」である。自分が始めてスクリーンで見た洋画かも知れない。

もちろん超有名な映画なので、これをご覧になっている人はご存知だと思うが、殺し屋と少女の映画である。完全にヲタクだった中学生当時は、少女・マチルダ役のナタリー・ポートマンに「萌え~」となっていたのは言うまでも無いが、それよりも強く印象に残ったのがBGMとSTINGの主題歌だった。

映画に縁の無かった自分の中でも、LEONの劇伴は心の中に今でも強く残っている。メロディがどうとかコードがどうとかではない。(中学生の時はそこまで和音とか詳しくなかったはずだし)それだけ映画のシーンとBGMが上手く合致していいたからなのだろう。LEONはTVでも何度もOAされていて、吹き替えだったり字幕だったりするのだが、毎回見るたびに「いいBGMだなぁ」と感じてしまう。

入社して、フランス音楽の番組を担当するようになり、またLEONのサウンドトラックに出会った。劇伴を担当しているエリック・セラはフランス人であり、ジャン・レノ主演の映画「グラン・ブルー」の作曲も彼が担当していたからだった。むしろ世間的には「グラン・ブルー」のサントラでエリックが有名になったことが知られているそうな。

全音符の低いシンセサイザーや多彩なパーカッション、低音の独特な和音、寂しさを誘うハーモニカやオーケストレーションがエリックの魅力だ。クリシェ下降が印象的なメインテーマを様々な楽器で演奏し、低音~高音のバリエーションを展開していく。ホルンからコントラバス~そしてトロンボーン~ストリングスのドラマチックなアレンジ。そして殺し屋の映画という緊張感が全体を上手く支えている。


ちなみに一番好きなのはゲイリー・オールドマンの素敵な悪役っぷりです。キマってくところがとても好きです。


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。