2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「激走戦隊カーレンジャー」ミュージックコレクション2「激走戦隊カーレンジャー」ミュージックコレクション2
(1996/07/20)
TVサントラ高山成孝

商品詳細を見る

スーパー戦隊シリーズはいつまでも男子たちの心を熱く燃え滾らせる。

激走戦隊カーレンジャーは1996年の作品。ストーリーはあんまり覚えていないが、カーレンジャーという名前から分かる通り車をモチーフにしたメカが多数登場したシリーズだった。楽曲もハードロック基調で、レース~かっ飛ぶという印象を与えるものが多かった。

サウンドトラックを聴いてみると、オルガンが多用されてバックにはディストーション&ミッドの効いたハードロックギター、勢いのあるストリングスで、DEEP PURPLEを彷彿させる。・・・と思ったら、「革命」のような大規模なピアノコンチェルトがあったり、ローズを使った80年代フュージョンもあったりと面白い。劇伴は佐橋俊彦先生によるものだ。彼は現在、龍馬伝のサウンドトラックを担当している。

龍馬伝と比べると、如何に分かりやすく視聴者に印象を与えるかに終始していると感じた。盛り上げるところは精一杯盛り上げる。ヒロインが悲しむところは精一杯悲しみ、立ち直るシーンでは如何にロマンチックに音楽を奏でるか、それに尽きる作り方だ。今でこそスーパー戦隊シリーズは大きなお友達がたくさん見ているが、カーレンジャーやターボレンジャーの頃は専ら幼稚園~小学生が見ていたので、この作り方で正解だったのだろう。

しかし、どちらの作り方も瞬時に変えられ、視聴者の心を掴む芸当は本当に素晴らしい。田中公平先生もそうだが、一度どういう作り方をしているのか見てみたい。


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。