2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Is There Love in Space?Is There Love in Space?
(2004/04/13)
Joe Satriani

商品詳細を見る

スティーブ・ヴァイの師匠であり、フランク・ザッパの生徒であるジョー・サトリアーニ。つるっぱげのギタリストで有名。昔の彼は長髪でイケメンだった。このアルバムはつるっぱげになった後だ。

G3というライブがある。イングウェイやジョン・ペトルーシなどの速弾きギタリストが、これでもか!というくらいにテクニックを見せ付ける、ギタリストのギタリストによるギタリストのための政治、じゃなかったライブなのであるが、ジョーサトのギタープレイはテクニカルというよりしっかりしている、という感じだ。

確かに長髪だった昔のアルバムを聞くと弾きまくっているのだが、つるっぱげになってからは「味」とか「ノリ」とか「メロディー」とかそういうのを考えて弾いているように思える。逆にペトルーシとかインギーとかのアドリブを聴くと、「あースケールいっぱい知ってるけど何も考えてないマスターベーションだなぁ」と感じる。ペトルーシは自分の曲ではきちんとフレーズ考えるけどね。

「IS THERE LOVE IN SPACE?」は2004年のアルバム。解説を一時期お世話になった米持孝秋さんが書いていて、ブックオフで安く売っていたので購入。アイバニーズの2ハムバッカー、フロイドローズで24フレットといういかにも「速弾きギタリスト用」ギターだが、アルバムを通してロックンロール的要素が強い。アドリブもカントリーっぽかったりブルースっぽかったり、とにかく土臭い感じだ。速弾きギタリストも、結局は原点に戻るということだろうか。

しかしLOUDNESSの高崎晃も、サザンの斉藤誠もそうだがギタリストでアタマを丸める人って多いよね。何きっかけなんだろう?


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。