2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WORK OUT EP
[MIDI INC.] MDCL-1281/¥1,500/1994.9.21

ジャケ買い。裏面にバックミュージシャンが掲載されており、「organ : masato suzuki」の文字があったので購入した。鈴木正人氏はlittle creaturesのメンバーで、今では菊池成孔&ペペトルメントアスカラールなどでベースを弾いているプロデューサーだ。

しかし松江潤さんのことは全く知らなかったので、この際なので調べてみた。以下、オフィシャルHPより抜粋。

19歳の頃よりサポート・ギタリストとして活動し始める。
1993年、ソロ・アーティストとしてデビューする。
数多くのアーティストへギタリストとして参加することに。
セッション活動と平行しながら98年、SPOOZYSを結成&デビューする。
2000年、USリリース。カレッジ・チャート1位、CMJチャート最高3位。
全米ツアーを成功させ日本人ではじめてのCMJベスト・アクトを獲得。
2003年、2005年にはソロ名義によるギター・アルバムをリリース。
YUKI、スネオヘアー、大塚愛、長澤知之、榎本くるみ等への参加が近況。
(以上、オフィシャルHPより)

なるほど、海外拠点のミュージシャンだったのか。1stアルバムも、坂本龍一さんのミディレコードから出しているようだし、鈴木正人氏がプロデュースすることも納得だ。

1996年にはピチカートファイブ、TV JESUS、佐藤敦啓、カリン等のレコーディング 福富幸宏、小西康陽のプロデュース作品へのギター参加、とある。渋谷系ということだろうか。ますます興味が沸いてきた。(もうアルバム聴き終わった後にブログを書いているので感想はまとまっているが)

1997年は、DOUBLE、COSA NOSTRA、藤重政孝、パラダイスガレージ、高橋よし子(SILVA)、桃乃未琴、TV JESUS、岡田徹のレコーディング参加。COCCO 、YOKOのlive、小島麻由美 liveとレコーディング、フジテレビ「ポンキッキーズ」挿入曲への参加、とある。なるほど大体読めてきた。しかしニッチというわけではないが、一癖あるミュージシャンのバックを演奏しているように思えるなぁ。土岐さんのバックでも演奏しているらしい。

さて、このアルバム「WORK OUT EP」は1994年の作品。ということはスタジオミュージシャンとしての活動が活発化する前ということで、アルバムのギターも「ロック・フュージョン」なアプローチが垣間見られる。しかし、普通のフュージョンギタリストとは異なり、コーラスはかかっていないし深いリバーブもない。乾いたギターサウンドを、「離れたマイキングで収録した」というような感じだ。

彼のボーカルも特徴的で、ハスキーボイスかつ高音なので斉藤和義かスガシカオのような感じ。ドラムは打ち込みだったり破壊的な音だったりして、全体を近代都市のような雰囲気でまとめた、という不思議な音楽。聴き心地は悪くないけど、斬新。

明日からCDのジャケットを見るときには、松江潤、彼の名前もストックとして入れておこう。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。