2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ON THE ROCKS!ON THE ROCKS!
(2006/05/17)
EGO-WRAPPIN’

商品詳細を見る

前回のオサラ「Rock The Music」から「Rock」繋がりで、今度はEGO-WRAPPIN'の「ON THE ROCKS!」。このしりとり風更新方法、どこかで絶対破綻する気がする。

EGO-WRAPPIN'のバンドに対する感想は、僕らの世代では2パターンに明確に別れる。「お洒落でジャズっぽくてかっこいい」と「あんなのは本物のジャズじゃないし、にわか。全然ダメ」のどちらかだ。僕はもちろん前者側。後者の人は「ただ単に普通のジャズが好きだから彼らの音楽が嫌い」か「ジャズらしさをわざと押さえているのに、そこに気づかずに通ぶっているだけ」のどちらかかと思う。

邦人ジャズで女性ボーカルのバンドなんてEGO-WRAPPIN'が出る前も五万といたわけで、そこの畑の人たちは今でも安定した活動を続けている。ただラッピンが出てきたことで、逆に畑自体も陽の目を見るようになった。言わばラッピンは一般人に向けた開拓者であると言える。開拓する人というのは、相手の土壌に合った/妥協したコンテンツをカットインさせて魅力を伝える必要があり、それが義務である。畑を脱して自分のステレオタイプを崩すわけなので、とても勇気の要る行為だろう。

ラッピンはそれを敢えてやった。ジャズの路線は崩さずに、でもメロディはポップスに。元々日本人はファンクやラテンのノリが好きだ。その魅力をジャズの中に織り交ぜ、擽ってやったところが勝因だろう。ボーカルの中納さんの受け入れられやすさもそこにスパイスとして入りこみ、良い化学反応を起こしている。

アルバム「ON THE ROCKS!」は5枚目のアルバム。路線を変更しない、王道のEGO-WRAPPIN'サウンドがアルバムを通して展開されている。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。