2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Christmas GreetingsChristmas Greetings
(2002/11/20)
鳥山雄司、有坂美香 他

商品詳細を見る

先日FNS歌謡祭が放送された。例年通り、プロデュースはピアノの武部聡志さん&鳥山雄司さんというタッグだった。

4時間という非常に長い放送時間の中で、もちろんカラオケの楽曲も数曲あるが、80曲強の楽曲を全て生演奏でお届けする、音楽家にとっては宝物のようなTV番組。個人的には、BDレコーダーはFNS歌謡祭のために購入したと言っても過言ではない。

演奏技術だけで言えば、もちろんそれぞれ素晴らしいは素晴らしいが、そこまで難しいことをやっているわけではない。コード弾きだったり、簡単なオブリだったり、原曲に忠実なソロパートだったり…。暗譜したり譜面に書いてあればそこまでの難度ではないはずだが、日々忙殺される中で80曲の練習~暗記はかなりのハードルだ。武部さんに至っては、生演奏が可能なように全曲を編曲し、パートごとに譜面を渡している。気の遠くなる作業だろう。改めて尊敬した。

鳥山さんは、ずっと上手に席を構えて、1曲1曲目立つことなく演奏をこなしていく。エレキ/アコギはそれぞれの楽曲ごとに音色を原曲に近いものに変え、丁寧に演奏し、フロントのボーカリストを立たせていく。これぞ、スタジオミュージシャンのあるべき姿である。ベース/ドラム/管弦楽団もその形に徹していた。鳴らす部分は鳴らし、鳴らさない部分は鳴らさない。どんな場面においても応用できる考え方だ。

「Christmas Greetings」は鳥山雄司さんによるクリスマスアルバム。「Sant Claus is Coming To Town」のようなクリスマス楽曲を様々なミュージシャンとコラボして演奏している。アコースティックが多いが、テクニックもバリバリなのでギタリストは必聴。毎年クリスマス近辺は何かしらのライブをしていたなぁ。今年も何かやろうかな。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。