2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本真綾 15周年記念ベストアルバム everywhere(初回限定盤)(DVD付)坂本真綾 15周年記念ベストアルバム everywhere(初回限定盤)(DVD付)
(2010/03/31)
坂本真綾

商品詳細を見る

坂本真綾さんのカバーライブをすることになった。思えば一度も1曲通してコピーしたことが無いので、良い機会なので快諾させて頂いた。

今回は6曲演奏することになったのだが、菅野よう子さんをはじめ、鈴木祥子さん、ROUND TABLEの北川勝利さんなど凄腕ミュージシャンによる作曲が目を引く。いつもいつも、真綾さんの曲を聴いていると「ん?今のところのコードはどうやったんだ?」とか「今のキメはどう弾いたんだ?」と、ところどころで(ポジティブな)「?」を感じて、ゾクゾクする感じを演出してくれる。

スマートな楽曲とでも言おうか。そのそれぞれの「?」は、音楽理論にもきっちり合っている中での「?」なので、人間の本能的な部分で「○」を付けて楽曲は進行していく。ただ現代人は貪欲なので、全く「?」の無い楽曲をただただ聴かされても「あー、在り来たりな曲だな」とすぐに耳を塞いでしまう。80年代に流行った産業ロックなど、現代人に取ってはポップス界に有り触れている楽曲群に過ぎないのだろう。

真綾さんを筆頭に、『柔らかい歌声に対して楽曲アレンジのあちこちに「?」を施した楽曲』というのが2000年代中期くらいから売れてきている。演奏者もアレンジャーも超一流で、理論を把握しながらきっちりと和音を構成し、ボーカルの柔らかい声も一つの楽器として加えている。アニメソングだけでない、「そのテのジャンル」ブームが今も続いている。このジャンルを確立した菅野よう子さん達、そして真綾さんは本当に凄いと思う。

コード進行を見るだけでニヤリとする曲、好きです。

【】
そうそう、あれここ、メジャーかマイナーかわからない!とかね。
キリンジ冨田ラボ(そういえば冨田さんも堀込兄も真綾に楽曲提供している)から始まった難解解読人生(譜あり)ですが
謎が解けた瞬間のしっくり感は得難いものがありますね。
しっくり感が気持ちいいからって、なにも弾き語りするこたぁないと思っちゃいるけどやっちゃいます。
明日はよろちくび!
この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。