2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル・エヴァンス生誕70年 没後20年特別企画 「メモリーズ・オブ・ビル・エヴァンス」ビル・エヴァンス生誕70年 没後20年特別企画 「メモリーズ・オブ・ビル・エヴァンス」
(1999/12/16)
オムニバス

商品詳細を見る

水曜日にSING LIKE TALKINGを聴いて、毎回記事にYOUTUBEリンクを貼り付けているので動画探しのネットサーフィンをしていたが、もちろんSALT & SUGERの動画もガンガン引っかかる。佐藤竹善さんと、ピアニストの塩谷哲さんのユニットである。

SING LIKE TALKINGのバックでもピアノを弾いていた塩谷さん。そのグルーブは素晴らしいものがあり、聴いている人も自然と踊ってしまうようなピアノを弾く。僕が学生の頃は、ずーっと塩谷さんのピアノを聴いていた覚えがある。

毎年、GWに国際フォーラムA~Dを使って行われているクラシックの祭典があるが、ここでもよく塩谷さんは登場して「クラシック×JAZZ」のような演奏をやっている。あ!書きながら思い出した。自分が高校生の頃、ニコライ・カプースチンのような「クラシック×JAZZ」ピアノが流行っていたんだった。その流れから、塩谷さんや佐山雅弘さんのピアノを聴くようになったんだ。

アルバム「MEMORIES OF BILL EVANS」は、名ピアノ奏者のビル・エヴァンスの楽曲を、名だたる邦人ジャズピアニストの面々がカバーしているアルバムだ。塩谷哲さん、佐山雅弘さん、山下洋輔さん、笹路雅弘さん、木住野佳子さん、益田幹夫さん、国府弘子さん。みんなどこかで一度は目にしたことがある名前の方々だと思う。それぞれタッチが全然異なっていて、色んな解釈のビル・エヴァンスが表現されていて面白い。

昔聴いていたジャズのCDを掘り起こして聴いてみると、耳に入って来る、感じる音が昔とかなり異なっているところに驚く。やっぱりMDもCDも、捨てずに取っておくものだなぁ。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。