2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIANO MAN IIPIANO MAN II
(2004/12/08)
武部聡志

商品詳細を見る

武部先生がずっとグランドピアノで様々な曲をカバーしているアルバム。モノクロなジャケットデザインが何とも言えずかっこいい。

武部さんは、もちろん過去にたくさんのアーティストをプロデュースしてきたわけだが、最後に行きついたのはこのジャンル。つまり、「古き良き、自分が認めるJ-POPの魅力をお客さんに伝えていく」という活動を積極的に行うミュージシャンなのだ。「僕らの音楽」もそう。FNS歌謡祭もそう。TV番組を普通に見ていると音楽番組は非常に少なく、「音楽番組っぽい番組」は多くやっているが、ほとんどトーク中心。なのに武部さんが関わっている番組は、完全に「音楽番組」になっている。

そして、武部さんが関わるコンテンツは、聴くと「やっぱり音楽って良いものなんだ、捨てたもんじゃないよな」と再認識できる。音楽はもちろん凄いが、そんな仕事をしている、そんな気持ちにさせてくれる武部さんは凄い!鳥山さん&武部さんペアでどれだけ日本の音楽を支えているか分からない。大尊敬している。

彼らがいなければ、本当に日本の「マスメディア的な」音楽は無くなっているかも知れない。もちろんライブハウスでロックを奏でるミュージシャン、表現という意味での音楽を追求するアーティストは、メディアに露出しない範囲では生き続けていくが、マスメディアはそんなニッチなコンテンツは取り上げなくなる。でも、その優劣をメディア側が付けるのはいかがなものだろうか。マスコミに務める人間ではあるが、そういった部分に関してはいささか賛成できない。

でもやっぱり、武部さんがそんなニッチなコンテンツを「僕はこういうのが好きなんです」と一枚のCDにしたりすると、それに付いていく人がいたりして。アイドル的な牽引力ではなく、いちプロデューサーとしてのそれ。やっぱり大尊敬。そんな仕事を僕もしていきたい。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。