2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポポロクロイス~月の掟の冒険~オリジナル・サウンドトラックポポロクロイス~月の掟の冒険~オリジナル・サウンドトラック
(2004/04/21)
ゲーム・ミュージックLocal Bus

商品詳細を見る

ポポロクロイスは、名前だけ知っていて実はやったことがない。いつかやってみたいと思っているのだけれども。じゃあ何でサウンドトラックを買うかって、演奏者が素晴らしいことを知っているからである。

ポポロクロイスの音楽プロデューサーは石川鉄男さん。川本真琴の1stアルバム「川本真琴」のプロデューサーとしても有名な、マルチ楽器プレイヤー/作曲家/編曲家である。自分の中では女性シンガーソングライターをプロデュースしているイメージが強い。GAOさんとか。私は彼の大ファンであるのでこのサウンドトラックも購入した。

そしてミキシングエンジニアが飯尾芳史さん。マッキーやサザンなどのポップス系ミックスを手がける大物エンジニアさんで、彼も「川本真琴」のエンジニアでもあった。要するに石川さん~飯尾さんの流れで作られたCDは大好きだということになるね。ギターも佐橋佳幸さん~小倉博和さんのことが多いし、ベースも過去に紹介した有賀さんだったりするし。

音楽を作ろうと思ったら、気心が知れていて絶大の信頼を置いているミュージシャンを起用して、自分の作りたい世界/ストーリーの完全再現を目指すだろう。石川さんは、ギターに山弦・ベースに有賀さん・ドラムに鎌田清さんや小田原豊さんを使えば自分の世界をより良く再現できることを知っているので、こういう人選にしているのだろう。ゆえに、自分は石川さんの術にまんまとハマっていることになるわけだ。

プロデューサーは何でも自由に出来る反面、自分の作りたいものを作るには相当アタマを練らなければならない。思った以上に大変な仕事である。

全くポポロクロイスの話をしていないが、アルバムの内容は「落ち着いたポップスのバック演奏を聴いている」という感じだ。少しノルウェーのような寒い要素も入っている気がする。超絶技巧などは特に無いが、石川さん固有のアンビエント感や佐橋さんの透き通ったアコースティックギター、飯尾さんミックスが大好きな方は持っていても良いかも。まだこの世界に生きていたいとか、そんなことを考えてしまうアルバムです。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。