2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハジマリノウタ【初回生産限定盤】ハジマリノウタ【初回生産限定盤】
(2009/12/23)
いきものがかり

商品詳細を見る

いきものがかりのアルバム、家にあったのにあまり聴いていなかったので、初回限定のDVDを見ながら焼きそばを食べ、CDを聴きながら楽譜を見てギターを弾きならしてみた。

楽曲はほとんどサイドギターの水野君が作っていた。楽譜を見ながら曲を聴くと、普段気づかないことに気づかされる。音楽的な感想で失礼するが、水野君の癖は、KeyがE♭が多いということと、イントロは静かに明るく始まるのにサビはG7⇒Cmと寂しく、悲しくなる曲が多いこと、あとはBメロの盛り上がるところは、Fm7⇒Gm7などの上昇コードでリズムを「クう」ことがかなり多いことだ。

ボーカルの吉岡さんは、メロがいきなり上に飛んだり下に飛んだりするところもきっちり正しい音程に着地させることが出来て、普通の感想だが非常に歌が上手いと思う。「声」本来の力が強く、それを弱まらせない発声をしているので、きっちりリスナーの耳に届かせることが出来ている。

そしていきものがかりの最大の魅力は、全員共通の「ロマンチスト」だというところだと思う。学生時代の楽しさ、生きている中の小さな幸せ、家族間の愛情にロマンを感じて、それを表現している若い三人組、というところが全体のパワーの源になっていると思う。儚げで健気な若者が「儚いんです!」と謳っているところがグッとくるんだろう。

アルバムを通して聴いてみると、小難しいところが全くない。間奏も曲の終わり方も、非常に真っ直ぐだ。若者にダイレクトに刺さる楽曲というのは、全てにおいて「素」で良いのだ。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。