2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「砂の器」オリジナル・サウンドトラック「砂の器」オリジナル・サウンドトラック
(2004/03/03)
TVサントラ

商品詳細を見る

あまり最近作曲をしていないが、曲を作るときは、まずその情景を思い浮かべるようにしている。季節はいつなのか、時間帯は何時で、今自分がどんな状況に置かれているのか。場所はどこで、気温は暑いのか寒いのか。誰か一緒にいるのか。どんな気持ちなのかを考えてから作り始める。

もちろん、メロディが「ポッ」と浮かぶこともあるが、自分にはそれは稀である。大体上記のようなことを考えて、頭の中をその情景「漬け」にしてから作らないと、曲に想いが込められない。大人になってからは、その傾向が更に強くなってきている。

曲を作るということは、大きく分けて2パターンあると考える。「何かを人に訴えかける」ことと「何かを音で表現する」ことだと思う。だが自分は前者の欲が全くなく、何か世の中に言いたいことがある訳ではない。逆に、後者であれば、自分以外の他の誰かが作った楽曲に、自分のエッセンスを加えることで更に「表現を深め」たり出来るのが面白い。(前者は、同じ想いを持った人が集まれば、さらにその「訴え」を強くすることが出来るわけだが)

最近、偶然「砂の器」の音楽の話になった。人の定め、「宿命」を表した壮大かつ寂しい楽曲だが、劇中でオーケストラ演奏シーンがあるため通常の劇伴よりかなりクラシカル寄りな楽曲に仕上がっている。主人公がピアニストで、悲し過ぎる過去を一音一音に込めて演奏する。作曲は千住明さん、実際の演奏は、故・羽田健太郎さんだ。

このCDは、ブックオフでよく投げ売りされている。個人的には、中古CD屋で安売りされているCDは「かなり多くの枚数を売り上げた」CDであるので、劇伴としては異例の売上を見せたということだろう。昔、楽譜を見ながらギターを弾いたものだ。

深夜、この曲を聴くと、途端に眠れなくなった。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。