2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の片想い最高の片想い
(1995/02/08)
TVサントラ

商品詳細を見る

服部隆之さんを掘っていた時期があった。正確には、ドラマ/映画/アニメの劇伴を何枚も購入し、好きな作曲家を見つけては、その方を掘っていくという感じだった。特に好きな方の中の一人が服部さんだった。

服部さんを初めて知ったのはドラマ「総理と呼ばないで」のサウンドトラックだろうか。田村正和さんが主演のドラマで、その名の通り総理大臣のドラマだったのだが、内閣のロイヤル感というかちょっとした高貴さというか、厳かさとかその辺の雰囲気を音楽がストレートに表していたのが非常に印象的で、すぐに虜になった。その後「ラヂオの時間」「HERO」「のだめカンタービレ」などのヒットに恵まれ、名作曲家の席に座ることが出来た。

服部さんは「綺麗な」ドラマ/映画の劇伴なイメージがある。音響監督の意向なのかも分からないし、服部さん自身「綺麗な曲の依頼しか来ないなぁ、もっと大胆な曲や現代曲っぽいアレンジも出来るのに」と思っているかも。でも服部さんのファンが服部さん作曲のサウンドトラックを買ったのだとしたら「また服部先生の美しい旋律を聴きたい~」と思って買うわけだから、それで良いような気もする。もちろん映像作品自体のファンになって、その感動をもう一度音楽という側面から味わいたいがためにサントラを買う人の方が多いとは思うけれど。

「王様のレストラン」のメインテーマなどは本当に頻繁にTV番組などで使用される。JASRACとレコード協会に対して包括契約はしているが、きちんと分配されているのかどうか未だに疑問である。このオサラ「最高の片思い」のサウンドトラックは初期の作品だが、やはりよく使われる曲が入っている。三拍子の曲も多くて、いかにも服部さんらしい。

効果音/BGM用に番組ディレクターが集めたオムニバスとか出したら売れる気がするなぁ。あ、でもそれしか使われなくなっちゃったら、結果いたちごっこなのかも?

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。