2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリー・チューンズフェアリー・チューンズ
(2011/06/22)
川本真琴 feat. Tiger Fake Fur

商品詳細を見る

川本真琴の新譜「フェアリーチューンズ」。

僕は自他ともに認める川本真琴ファンなのだが、今回の突出っぷりには本当に驚いた。2ndアルバムをリリースして、シングル「ギミーシェルター」「ブロッサム」をリリースしてからはめっきりメジャーの仕事が無くなった。ライブもひっそりと続けていたのは知っていたが、それも天窓のような小さいハコばかり。地元の福井に帰ってブログを書いていたり、とにかくメディアへの露出はゼロだった。

でも、音楽ファンの間では川本真琴人気は衰えなかった。「また出てきてくれないかな」「椎名林檎にその座を奪われたとか言われているが、そんなことはない」「彼女は天才だ」そんな声がずっとインターネットでも囁かれ、たまに小さいハコのライブがリアルタイムストリーミング配信されると回線がパンクするくらいのアクセスが集中したりしていた。

昨年、ベストアルバムとニューアルバムが突然リリースされた。一般リスナーには「今さら川本真琴か。1/2とDNAだけしかヒット曲が無い一発屋じゃないか」と映ったはずなのだが、タワーレコードを始めとする量販店は川本真琴のポップを作りまくった。「天才が帰ってきた」と書かれていた。結果、売上は異例の枚数になったらしい。

今回の新譜はマキシシングルなのだが、東京事変の隣に置かれるほどの注目度。これは何なんだろう。自分はファンだから何となく分かるのだが、彼女の音楽的魅力がリスナーの心を離さないのだろう。

4曲入りのマキシだが、ストレートでアコースティックな「真琴節」あり、エフェクトを効果的に取り入れた2ndアルバム的な楽曲ありで、とても楽しめる。実はライブに一度も行ったことがないので、一度は行ってみたいなぁ。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。