2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OH SHINY DAYSOH SHINY DAYS
(1993/11/24)
TWINZER

商品詳細を見る

ビーイング系男性ボーカルでトップクラスの歌唱力を持つ、TWINZERこと生沢佑一さん。先日の末原康志さんの「Great Fingers」のところに貼った動画はボーカルが生沢さんでした。久しぶりに彼の声を聴いて、やっぱり虜になってしまったので今日はTWINZERのレビューです。

キャッチーでポップな「ビーイングサウンド」が流行った'90年代の中期。DEENやWANDSは、どこかロックテイストは残しつつもアレンジやコード進行は「王道」なもので、邦楽の枠を抜け出していなかった。アメリカンHR/HMなギターやキーボードのエッセンスは残っているものの、「アメリカさ」は全くないJ-POPなサウンドだった。ZARDもTUBEも。それはそれで大好きなんだけど。

近藤房之助さんとTWINZERはそんな中で凄いブルースっぽい楽曲だったりロックンロールだったりをずっと貫いてパッケージをリリースしていった。バッキングのアレンジもかなりシンプルなのでボーカルの歌唱力だけが頼りであり、下手なことをするとすぐにバレてしまう潔い演奏だったが、二人とも流石の上手さでファンの心をガッチリ掴んでいった。結果、今でも生沢さんは色んな場面でソロボーカルを取っている。アニメの主題歌なんかもリリースしている様子で何より。

アコギたピアノ1本で弾き語って「あぁ、この人は魅力たっぷりだなぁ」と感じられるミュージシャン、今では何人残っているだろうか。スタジオにギターとピアノだけ置いておいて、ゲストを呼んで演奏してもらう音楽番組、作れないかなぁ。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。