2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Road Show(Amazonオリジナル・クリアファイル(チケットサイズ)特典付き)Road Show(Amazonオリジナル・クリアファイル(チケットサイズ)特典付き)
(2011/04/06)
松任谷由実

商品詳細を見る

ユーミンのニューアルバム。第一印象は「新しい」だった。

そもそも、自分が普段聴いている音楽は、昔聴いていた楽曲だったり好きなアーティストだったりを詰め込んだiPodのシャッフルがほとんど。このブログを書くため(?)に意欲を持って1枚のアルバムを聴くようにしているが、仕事の忙しさに感けてあまり新しいオサラを聴けていないのが現状だ。

海外アーティストの楽曲にまで手を伸ばそうものなら、とにかく音楽が溢れているわけで全てを聴くのは不可能だ。簡単に言えば、新しく出てきたアーティストの楽曲アプローチを分析したりする時間がないということ。「忙しい」=「甘え」であることは分かっているのだが、どうしても新しいものを全て感じようとすると、それが仕事でないと積極的に係わっていくのが難しいものだ。


そんな中のユーミンのニューアルバムである。「新しい」と思ったのは、正隆さんや鳥山さん、武部さんなど大御所プロデューサー陣によって「ユーミン」を引き立たせている作り方は変わらないが、そのアプローチが全て「王道」であり「良い音」であり「新しい」というところだ。流行りのシンセサイザーの音を使ってみたり、昔のようにオーケストラゼイションをポップスに取り入れてみたり・・・とにかく「今」と「昔」の融合バランスが100点満点だと思った。

最前線を行くアーティスト、そしてミュージシャンは本当に凄い。機材やシステムにも流行り廃りがあるし、コード進行やアレンジもそうだし、それぞれを分析していかなければ、ポップスはすぐに飽きられてしまう世界。そこを潜り抜け、かつフロントに立つアーティストの魅力を最大限に立たせることを考える。凄い仕事である。でも、どんな仕事にも共通すると思った。


ユーミンとかサザンとか、大御所のアルバムを聴くといつも何か感じることが出来る。また新譜出したら絶対買うのだ!

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。