2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCENEIISCENEII
(1991/06/05)
ASKA

商品詳細を見る

1枚通してねっとり、ねっとりしたアルバム。3曲目「Love is alive」は岩崎宏美さんとのデュエット。「はじまりはいつも雨」など名曲も入っているアルバムです。

ASKAさんは声が高くて好きです。昔から好きです。でもチャゲアスばっかり聴いててソロはあんまり聴いていませんでした。「SCENE Ⅱ」もワゴンセールに入っていたので買ったものです。

しかしこの人のジャンルも「AOR」とは言いがたい、「ASKA」というジャンルな気がする。アルバムの中には明らかに演歌、明らかに歌謡曲のメロディ・アレンジの楽曲があるのに、ダサく古く聞えない。これは彼の発声と表現が曲を煌びやかにしているということであろう。「止まった時計」に至っては童謡のような楽曲であるのに、ASKAが伸び伸びと歌い上げ、木戸やすひろとのコーラスワークでゴージャスなAORに仕立ててしまう。これは凄い。

ただ言いたいのは、良くも悪くも全て「ASKA」になってしまうところかと。昔のチャゲアスよりもクセが強くなった後の彼の楽曲には、「彼の個性」はあっても楽曲を包み込んでしまうほどの個性であるので「楽曲の個性」は死んでしまっているように思う。相当の名曲でなければ「ASKA」という存在自体に勝てないのではないだろうか。

そういう意味で、岩崎さんとのデュエットは素晴らしかった。彼女の声も強烈な個性であり、お互いが絶対死なないデュエットなので楽しんで聴いていられた。

昨今のJ-POPもそのようなアーティストがたくさん出てきて欲しいものだ。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。