2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

guitarissimo(初回限定盤)(DVD付)guitarissimo(初回限定盤)(DVD付)
(2011/04/06)
miwa

商品詳細を見る

黒髪で、アコースティックギターをガンガンかき鳴らす女の子が問答無用で好きです。miwaが売れたということは、僕と同じ性癖の人が世の中にたくさんいるってことでしょうか?

歌っている世界観も、等身大の自分の気持ちを歌っていて好感が持てる。アコースティックギター1本と歌だけで表現できる楽曲ってやっぱり限られていると思う。クラシック音楽を表現しようと思っても無理だし、電気を通さないので電気を使ったダイナミックな表現は出来ない。でも弦をつま弾いたり、ストロークしたりなど強弱をつけることと、声での表現を多様にすること、そして顔の表情をいろいろと変えていくことで、「その表現の幅」の中で無限の表現を実現できる。

miwaさんは基本的にミックスボイスで歌っているので、かなりの高音まで音が届く。それでいてミックスを結構強く発する技術を持っているので、聴いていて心地よく感じる。槙原敬之さんのトリビュートで初めて聴いたmiwaさんの声は、今までのJ-POP界になかった魅力を感じた。この「guitarissimo」がオリコンの上位にランクインした時には、「あぁ、やっぱりこの子は売れるべくして売れたなぁ」と感じたものだ。

docomoのPR展開にも上手く乗って、ミュージシャンとしての道を歩き始めた彼女。どこかのタイミングで川本真琴のように「壊れた楽曲」を世に出して、リスナーが離れていってしまうのだろうか。本当はその「壊れた楽曲」が、自分が本当に作りたかった楽曲だとしても、リスナーはやっぱり離れてしまうのだろうか。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。