2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽にできること~ヴァイオリニスト二村英仁・29歳の旅音楽にできること~ヴァイオリニスト二村英仁・29歳の旅
(2000/03/08)
二村英仁

商品詳細を見る


「音楽にできること」というタイトルのアルバム。正に、今考えなければならないことだ。二村英仁さんのCDを買うのは初めて。

「ユネスコ平和芸術家」という肩書があるらしい。二村さんもその中の一人で、日本人初のそれである。ライナーノーツ上での二村さん本人の言葉を抜粋する。


僕にとっては、演奏し続けることが「平和」。いつまでも、どんな場所ででも、ひたすら無心に弾ける自分でありたい。聴き手の方々それぞれの思いで僕の音楽は変わる。人々の心へじかに溶け入ることができたら、それが交流の始まり。お互いを思いやり、尊敬しあう気持ち、それが心に築く平和の砦の最初の小石になるのだと信じる。

(以上、「音楽にできること」ライナーノーツより抜粋)



この考え方は、かなり共感するところがある。偽善者だと思われるかも知れないが、音楽を安定して奏でる、つまりは当たり前の日常を表現することは平和を表現することと同義だと思う。当たり前のような生活が出来ること、物を食べて水を飲み、睡眠をとり、家族や友人と快適な場所で会話を交わすこと。人それぞれ、色々な形の「日常」があると思うが、それを思い出させてくれる一つの手段が音楽だと思うからである。

昔の思い出って、写真を見たりビデオを見たりすると鮮明に思い出せるものだが、音楽を聴くと自分の中のイメージを補完して、より良い過去を見ることが出来る。音楽に出来ることは、リスナーの気持ちを使って日常や平和といった空間を想像の中で補完する、つまりは「人々の中に、何かしらの景色を作り出す」ことだと思う。



チャリティー企画が色々と進んでいる。音楽という観点ではU2やボンジョヴィがライブを行うらしい。We are the worldじゃないけど、色んな形の取り組み方が音楽にもあるはず。その中の滑車の一つに、自分もなれたらいいな。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。