2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい夕暮れ ~バラード・セレクション ~美しい夕暮れ ~バラード・セレクション ~
(1997/09/18)
須川展也

商品詳細を見る

地震の間にも束の間の休息が出来たので、TSUTAYAなんぞに行って中古CDを漁ってきた。ここ数回はその時買ったCDを紹介していく。

まずは須川展也先生。このブログで何度も紹介しているが、クラシック寄りのサックス奏者だ。本田雅人さんとか伊東たけしさんとか、日本でサックス奏者というとフュージョンの香りがするが、須川さんは完全にクラシックや映画音楽のようなヒーリング寄り。管弦楽をやっていた友達は、昔から須川さんを崇拝していたっけなぁ。

フュージョンやジャズを専門に音楽をやっている人は、須川さんのような「楽譜で吹く人」をけなす傾向にあるが、僕はどっちも正解だと思う。情景だったり気持ちだったりを音楽で表現するとき、インスピレーションによって出てくる音色やメロディをすぐに曲に出来る人は素晴らしいと思うけど、何日も何日もその情景に浸って、メロディラインも考えて考えて作られる楽曲も、もちろん素晴らしいはずだ。前者ばかり演奏している人は、逆に後者が苦手なんじゃないかな。

音楽をやっていると、やっぱりどちらかに足を引っ張られて、どちらかの概念を失いがちだ。一番の中庸を見つけるのは難しいと思うけど、作曲やアドリブの際には一度止まって考えると、更に良いフレーズが出てくるような、そんな気がする。

アルバム「美しい夕暮れ」は、洋楽をムーディにサックスとオーケストラで仕上げたインストアルバムである。うーん、本とか読むときのBGMには最適だなぁ。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。