2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13years13years
(2008/10/22)
露崎春女/Lyrico、露崎春女 他

商品詳細を見る

露崎春女さん。Lyricoの名前では見知っていたが、どこかのタイミングでリネームしたようだ。初めてライブを見たのは、一昨年くらいの六本木スイートベイジル。ギタリストの鳥山雄司さんのライブで、ゲストボーカリストとして出演した。

鳥山さんのライブは、基本的には三部構成だった。アコースティックギター・セミアコなどで1本で楽曲を演奏するゾーンと、バンドを呼んでフュージョンをやるゾーン、そして露崎さんを呼んで女性ボーカルのバックバンドに徹するゾーンだ。前者2ゾーンについては言わずもがな素晴らしかったのだが、何より感動したのは第3ゾーン。間近で「スタジオの仕事」を見られた瞬間だった。

女性ボーカルの魅力を最大限に引き出す仕事。出るところは出て、楽曲を貧相に聴かせることはしない。でもボーカルをその中でも一番前に出す。基本中の基本だが、これが出来る人はそう多くはいない。露崎さんのボーカルは、良い意味で「スタンダード」だった。ブラックにかぶれ過ぎず、J-POP過ぎず、どんな曲を歌ってもマッチしそうな歌声。楽曲アレンジの良さとも掛け合って、素晴らしいライブになっていた。

その後、高田馬場の中古CD屋で、このオサラ「13years」を見つけたので即購入。佐藤竹善さんとのフィーチャリング楽曲があったり、「THE SONG OF LIFE」のボーカルバージョンが入っていたり。Lyrico改め露崎春女の歴史を感じることが出来るベストアルバムである。


動画は、鳥山さんと露崎さんの即興セッション。これは最近iPod Touchでヘビーローテーションである。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。