2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE LOVE LOVELOVE LOVE LOVE
(2009/10/14)
オムニバス、坂本冬美 他

商品詳細を見る

僕もこのトリビュートの中に入りたい!何の曲をやろうかなぁ。1曲だもんなぁ。他の人は何の曲をやってるんだろ?自分っぽい曲ってどれかなぁ?


そんな会話が聞こえてきそうなアルバム、ビートルズ・トリビュート「LOVE LOVE LOVE」である。椎名林檎からユーミン、GLAYやアルフィーまであらゆるジャンルのミュージシャン15人がビートルズを演奏している。それぞれの演奏も個性的。坂本冬美さんの「And I Love Her」は、なるほどなぁ、と思った。

それぞれのミュージシャンが何故その曲を選んだのかが本当に気になるところ。

まず、この企画を貰ってからビートルズを聞き直しただろう。色んなアルバムを引っ張り出して来て、どれが自分に合うか決めていると、何か作曲意欲が湧いて来たりして結局自分の曲を作り始めちゃったりして。そしたら朝の5時くらいになっちゃって、早く寝なきゃ次の日のラジオ出演に遅れちゃう!みたいな感じになって。

結果絞りきれなくて、いくつか候補曲をリハスタに持って行って、バンドでセッションしてみたりするんだけど、全くのコピーになっちゃってアレンジが出来なくなったりして。「このままじゃつまらないなぁ」と思ってキーを変えてみたり、リズムパターンを変えてみたりするうちにリハスタのお尻の時間が迫ってきて「やばい!新曲の練習しなきゃ!」ってなって時間が終わっちゃったりして。

そんなこんなの牽制状態が2~3週間続いたりして、レーベルの人に「そろそろ仮歌を仕上げて欲しい」とか言われて、やばいどうしようー!ってなって、そしたらたまたまつけてたTVのBGMがものすごく恰好よくて、「よし、じゃあこのリズムパターンで出来るビートルズの曲を考えてみよう」とか思ってまたアルバムを聴き始めて、たまたま手に取ったアルバムの中の曲が合うやつがあったからそれにしよう!ってなって。

で、リハスタに持って行ってさっきのTVの音楽のリズムパターンを説明してセッションしてみたら、何となくいい感じになって。よし、仮歌録ろうってなって録ってみてレーベルの人に出して、その後「どうしてこの曲にしたのか」みたいなPRインタビューがあるんだけど、実はその曲には思い入れはそこまで無かったりして。でもその曲は知ってる曲だから、上手い事薀蓄は語れたりするので「昔からこのアルバムは好きで、中でも○○はメジャーな曲だと思うんですけど、自分は歌詞の世界観とかが自分に合ってる△△を敢えて取り上げたかったんです」みたいな尤もらしいことを言ったりして。



結果発売されたのがこのアルバムなんじゃないかなー。



…トリビュートって本当にそんな感じなのかな?ミュージシャンの人たちごめんなさい。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。