2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We Love MackeyWe Love Mackey
(2011/01/12)
オムニバス、かりゆし58 他

商品詳細を見る

渋谷衝動買いシリーズ。今日はマッキーのトリビュート「We Love Mackey」。邦楽ミュージシャン13人による、槙原敬之さんのカバーである。

マッキーは昔から好きで、何が好きって「雰囲気」である。声が好きとかメロディが好きとかじゃなくて、楽曲全体を通して感じられる、張り詰めるような緊張感というか何というか。マッキーの曲を聴くと、何故かお腹がきゅーっと締め付けられるような感覚に襲われる。懐かしい、とも違う妙な感覚なのだが、その感覚に捉われたくなる時にはマッキーのアルバムを聴く。

13人が、どれだけその雰囲気を踏襲出来ているのかが楽しみだったこのアルバム。プロデュースが武部聡志さんで、全体を彼のピアノが包み込んでいて、終始暖かいアレンジを聞かせてくれた。ちなみに参加ミュージシャンは、JUJU/キマグレン/ゴスペラーズ/秦基博/一青窈/福原美穂/藤井フミヤ/さかいゆう/中村中/かりゆし58/miwa/K/コブクロである。

凄いと思ったのは、楽曲の良さ。誰が歌っても良い曲だと感じるのは本当に凄い!トリビュートって大体は「本人の方がいい」とか「アレンジが心地よくない」みたいな感想をいくつか持つものだが、マッキーの曲は良すぎてケチが付けられない。かりゆし58もキマグレンも、かなりリズムパターンを変えているのだが楽曲は色褪せない。凄いなぁ。

そして独特の雰囲気も、それぞれの解釈で作り出そうとしてくれている。一瞬の緊張感が生まれていてぐっとくる。でもこのアルバムを聴き終わった後は、原曲を聴かずにはいられない、そんな感じだ。

マッキーのライブも行ったことないので、どこかで1度行ってみたいな。

動画は秦基博と槙原敬之のデュエット「彼女の恋人」。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。