2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Endless SummerENDLESS SUMMER
(2007/06/20)
金原千恵子

商品詳細を見る

金原千恵子師匠。元々はサザンのバックで弾いていたので注目するようになった。最近ではどんなジャンルのバックでも数多く演奏している。

僕はバイオリンは弾けないので、バイオリニストのアルバムは基本的には買わないのだが、「image」路線からメロディアスなバイオリニストのアルバムは少しずつ買うようになった。葉加瀬太郎さんはもちろんとして、中西俊博さんとか宮本笑里さんとか。それぞれポップなアレンジで歌ったバイオリンの音色が印象的なアルバムだった。

金原師匠のアルバム「エンドレス・サマー」は、全くバイオリンが目立たない。バックの演奏もかなり打ち込みが多いし、ポップというよりアシッド・ジャズのような雰囲気。バイオリンはたまにソロを弾いたり、ジャズでいうところのテーマをユニゾンで奏でたりする程度だ。8曲入りだが、それぞれの楽曲は別の方がプロデュースしていて、ラウンジミックスだったりダブミックスだったり、本当に様々なジャンルである。だが、金原師匠はそれぞれの楽曲の「作曲」部分も携わっているようだ。

オーケストラの「コンマス」じゃないけど、バイオリンは普通「Chieko Kinbara Strings」のように、その弦たちのリーダーが名前をCDに記載される。「金原グループ」ということだろう。昔は篠崎正嗣さんや桑野聖さんがその場所に名前を書かれることが多かったが、世代交代ということだろう。

金原師匠の時代もそろそろフェードアウトで、また新たな「○○Strings」の時代が来るだろう。「Emiri Miyamoto Strings」とCDに書かれるのはいつのことだろうか。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。