2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Real TimeReal Time
(2007/06/20)
春畑道哉

商品詳細を見る

プロ野球ニュースといえば春畑道哉。暑苦しいディストーションサウンドにロックBEING系のメロディライン、ツインギターに派手なキーボードでギラギラした曲調。このサウンドがロックギタリストにはたまらない。

春畑さんはTUBEのギタリスト。TUBEの曲をきちんと聴いた人なら分かると思うが、「ギター上手いなぁぁ」という素直な印象を持つと思う。曲も春畑さんがほとんど書いているし、TUBEのあの「暑苦しいサウンド」は彼のおかげ、そして彼のせいであるのだ。

ではTUBEのボーカルラインをギターで弾いたものを想像してみて欲しい。「ああ夏休み」「だって夏じゃない」「夏を抱きしめて」「夏を待ちきれなくて」・・・どうだろう、想像できただろうか、「暑苦しいJ-FUSION-ROCKサウンド」が。

彼は、MR.BIGやDEEP PURPLEなどの滑走系ロックが好きな若者なら必ず通る道であろう「最も気持ちのいいロック探し」の答えに限りなく近いサウンドを展開していると個人的には思っている。演奏も適度にテクニカルだし、チョーキングやピッキングハーモニクスは気持ちいいし、ツインギターも出来るし。ギタリストには本当にオススメのミュージシャンです。

「Real Time」は彼の作品の中でも最もキャッチーで、とっつきやすい楽曲ばかりを集めたアルバムだと思う。Jリーグのテーマソング「J's Theme」や「WILD RUSH」などは必聴です。



ただし、こういう音楽ばかり聴いていると途中で疲れてきます。「あー、もうわかったわかった」となって、ボサノヴァとか聴きたくなるはずです。そういうところも自分に似ていて好ましい、そんな春畑さんでした。はい。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。