2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター・ソロギター・ソロ
(2005/02/20)
大友良英

商品詳細を見る

前も書いたかも知れないが、僕は会社に行くまでの朝、着替えたり歯を磨いたりしながら音楽を聴く。中古で購入したCDで、まだ聴いていないものを流しっぱなしにしておく。大体出社準備が1時間くらいかかるので、1アルバム聴ける長さである。

今日は大友さんのCDがBGMだった。ノイズミュージックやフリージャズを演奏するギタリストということで、一度音をきちんと聴いてみたいと思って買ったCDがこの「Guitar Solo 12th Octorber 2004 @ Shinjuku Pit Inn, Tokyo + 1 [Live]」だ。アコースティックギターの音から気持ちよくスタートしたのだが・・・

2曲目の「Rig」からいきなりゲインMAXのファズファクトリーのようなエレキサウンド!フィードバックとピッキングの嵐で、攻撃的なノイズが繰り広げられる。朝からこれはキツイ!でも1アルバム通して聴きたい!ということで、歯を磨きながらエレキギターのファズノイズを楽しむという奇怪な午前中が展開された。

アコースティックギターのヒーリングサウンドは、家のリビングで一人で聴くと非常に心地良いが、ノイズミュージックって家で聴くものなのかな?やっぱりライブハウスのような大音量を鳴らせるハコで聴くものだと思うんだけど・・・。

というわけで、家でのノイズミュージックの楽しみ方を知っている人はご連絡ください。

【うーむ】
…2回くらい聴いてみましたが、家で一人で聴くにはちょっと合わない気がします。なんとなく、ある種の高揚感(トランス?)のようなものは感じ取れましたが。音だけじゃなく視覚的な要素も多いからでしょーかねー。

昔はこういった非音程的な音楽は理解不能で避けていたんですが、今聴いてみると違った面白さがありますね。「そうきたか」というか。
【】
本来の楽しみ方っていう唯一の正解ってものはないんだろうけど、演奏を始める前に「どんなことを考えて聴けばいいのか」を示唆して欲しいよね。

そうすると音楽自体が制限されちゃうからダメなんだけどさ。
この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。