2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCRIPT IS HERESCRIPT IS HERE
(2001/01/24)
SCRIPT

商品詳細を見る

やさぐれポップス第2弾。今度は男性。

MOON CHILDといえば「ESCAPE」。「裸の太陽~♪」の曲が有名だが、僕の中では「アネモネ」「Over the Rainbow」のようなやわらかいポップスや「グロリア」「ラブソング」のようなコーラスワークの強いUKギターロックという印象が強い。SIAM SHADEやラルクといった派手なバンドが流行だった90年代中期、MOON CHILDは自分たちの好きな音楽を作って、すぐに解散してしまった。

ボーカルの佐々木収さんはファルセットの名手で、当時の歌ボンやソングコングなどで「ファルセット特集」が組まれていたほど。まこたんこと川本真琴や米米クラブ、ミスチルなどもファルセットの練習曲に入っていたが、佐々木さんはその中でもとても評価の高いファルセット声ということになっていた。「ESCAPE」のサビもあのファルセットがなきゃダメだもんね。

SCRIPTは、MOON CHILDが解散したのち、佐々木さんとベースの渡邊さんで作ったユニット。とはいえ方向性は全く変わっておらず、サポートミュージシャンもMOON CHILDのメンバーだったり。じゃあMOON CHILDなんじゃん!と言いたくなるほどである。(もちろん土方隆行さんとか増崎孝司さんがギター弾いてたり、ドラマーが江口信夫さんだったりするけど)

アルバム「SCRIPT IS HERE」はギターロック+「CORDUROY」みたいな、ファンク色の強いUKロックが中心。ただメロディがとてもアメリカンなので聴きやすく、西海岸耳の自分も心地よく聴けるアルバム。「FULL METAL PAIN」はMOON CHILD好きにはたまらないと思う。決してディストーションが効き過ぎず、アンプとオーバードライブのみで歪ませた気持ちの良いギターで包まれた楽曲群である。あーバンドやりたくなってきた。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。