2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMICACOMICA
(2002/02/27)
坂本龍一

商品詳細を見る

某NHK教育で、教授と山下洋輔さんと大谷能生さんがジャズについて語る番組がついこの前までやっていた。どこかの日曜日にその総集編をやっていたので、僕は一気に全放送分を見ることになったのだけれど。

流石に全員博識で、社会的なジャズの成り立ちから和声の分析まで全部やっていた。というかこれテレビじゃなくてラジオでやっても同じ魅力を伝えられるなー、ラジオでやればいいのにーってちょっと思った。

坂本龍一さんのことは、ミュージシャンがみんな尊敬している。ベーシストもキーボディストも作曲家もみんな。僕は前にも書いたかも知れないが、あまりYMOを聴いて来なかったのでそこまで凄さが分からない。でもやっぱり凄いんだろうと思う、みんな言ってるし、そんな感じである。

このアルバム「COMICA」は、そういう面でもやっぱり分からない。でも何だか凄いような気がする。ロングトーンのシンセにかぶさった良い音のするピアノが、何となくそんな感じにさせる。でも和声とかジャズとかのエッセンスを感じ取ることが出来ない。僕が未熟だからなのだろうか。

坂本さんは掘れば掘るほど穴の底が見えなくなりそうだから、まだ穴自体を見ないようにしている。


【】
その番組、菊池成孔著「憂鬱と官能を教えた学校」の
映像版だと思いながら見てるわ。
本はジャズに至るまでの音楽史が体系だってて面白いよ。
【】
菊池さんの講演とかよくウチでやってたから魅力は分かります。面白そう。でも博識&難解すぎて途中で訳分からなくなっちゃうんだよね。
この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。