2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォー・オブ・ア・カインドフォー・オブ・ア・カインド
(2002/01/23)
FOUR OF A KIND

商品詳細を見る

前から気になっていたユニット、「FOUR of a KIND」。メンバーは
ベース 青木智仁
ピアノ 塩谷哲
サックス&フルート 本田雅人
ドラム 沼澤尚
という、いかにもフュージョンサウンドを奏でそうな感じだ。

邦楽フュージョン好きなので、どんな音がするかなぁということで新しいユニットが結成されたら1枚買う、というのを繰り返しているのだが・・・このバンドはイマイチだなぁ。というかT-SQUAREを聴けばいいんじゃないの?と思ってしまった。

フュージョンバンドって個性がないといけないんだと思うんです。プリズムでもスクエアでもカシオペアでも、みんな個性がある。楽曲やアドリブを聴いて「あーカシオペアっぽいなぁ」って分かってニヤリとさせられるし、グルーブもあるし、何より楽曲自体を好きになれる。ただこの「FOUR of a KIND」は、プレイヤーのアドリブは上手いもののあまり感動を誘ったりゾクゾクっとなったりすることは無かった。飽きてきたってのもあると思うけど。

超絶テクニックを聴くのなら洋楽のグレッグハウとかジョンマクラフリンとかを聴けばいいもんね。邦楽フュージョンってそういうものを求めるものじゃないっと思うんだよなー。日本人ならではのノリや感性を共有出来る魅力が詰まっていて欲しいと思うわけである。

だが、故・青木智仁さんのベースラインは秀逸。4人の超絶プレイヤーのフィーリングやテクニック、アドリブの癖を学びたい人には良い盤かも知れない。


この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。