2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラダイス・ウイングスパラダイス・ウイングス
(2008/03/26)
小曽根真

商品詳細を見る

日本人のジャズピアニストが結構好きです。島健、国府弘子、塩谷哲、大西順子、スガタイロー、上原ひろみ・・・

いつの間にこんなに日本人ジャズピアニストが多く、しかも一般的になったのか考えてみたら、やっぱり東京JAZZの功績は大きいと思うのです。昔から山下洋輔さんとか有名なピアニストはいたはずなんだけど、こんなに大衆には知られていなかったもん。ウチのおかんは山下洋輔とかめちゃめちゃ聴いてたらしいんだけど。

小曽根さんも2000年くらいからよくテレビに出ていた印象がある。「題名のない音楽界」とか、「SONGS」「僕らの音楽」とかの大物ミュージシャンのバックとか。でもガチジャズをやってたイメージがないから、「あー、武部さんとかと同じで、ポップスミュージシャンの編曲とかやってる人なのかなー」とかずっと思ってた。

CD屋でいざ買ってみると普通にJ-FUSIONのものもあれば、ガッチガチのフリージャズのものもあったりして。奥深い彼の音色にいつのまにか虜になっていた私なのでした。

「PARADISE WINGS」は明るめの曲が多いフュージョンアルバム。80年代サウンドですね。このときの手癖はケニージャレットっぽいかな?メロディーがキャッチーすぎてぶっちゃけ面白くない部分も。かっちり決まりすぎというか、コード進行が読めすぎてしまうというか。今はクリヤマコトさんとかとよくやっている、安井源之新さんのパーカッションがいい感じ。他に、ベースは元スペクトラムの渡辺直樹、ドラマー:渡嘉敷祐一というメンバー。作業用BGMって感じかな。

去年、国際フォーラムでやってたラ・フォール・ジュルネのバッハ祭で、即興バッハ風ジャズを弾いていた小曽根さんは本当にかっこよかったです。また聴きたいです。

この記事へコメントする















イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。