2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOOK INTO THE PAST(TO SEE THE FUTURE)~91-97 Best SLOOK INTO THE PAST(TO SEE THE FUTURE)~91-97 Best S
(1997/04/25)
Monday満ちる

商品詳細を見る

Monday Michiruさんのインタビューをしたことがある。ビルボードLIVE東京だった。楽屋に案内されると、外人スタジオミュージシャンと楽しげに話すMichiruさんがいた。化粧前のすっぴんで超恥ずかしい~と言ってるのが可愛かった。

凄く気さくな人で、テンションも高くてすぐに意気投合出来た。オーラというか纏っている雰囲気というか、魅力的な人当りですぐ人が集まって来る感じ。音楽って演奏が出来る出来ないじゃなくて、一緒にやって楽しいか楽しくないかでほとんど決まると思う。バンドだってユニットだって、仲が悪くて音が良くても続かないだろう。ステージ上で楽しげにお互い笑っているバンドは何度でも見に行きたい。

Michiruさんのステージは正にそんな感じ。ビルボードの真ん前で観覧していたが、リズム隊は終始遊んでいるし、Michiruさんはフェイクしまくりで本当に楽しそう。一緒にステージに上がってセッションしたくなってしまったし、ステージが終了した後は新譜のサンプルを既に頂いていたのにも関わらずCDを買ってしまった。今でも愛聴盤である。


「LOOK INTO THE PAST(TO SEE THE FUTURE)~91-97 Best S」はMichiruさんのベストアルバム。初期の曲が多く、生音でのレコーディングが多いので個人的にはかなり大好き。後期はリズム隊が打ち込みの曲も多いのだが、ライブではミュージシャンを連れて生音で演奏する。やっぱり音楽の真髄はライブだなぁ。

スポンサーサイト

MASTERS OF FUNKMASTERS OF FUNK
(1996/09/21)
マスターズ・オブ・ファンク

商品詳細を見る

これは完全なジャケ買い。たまにはそんなときもあります。

アーティスト名が「MASTERS OF FUNK」なんてかっこいいじゃないですか!何人組なのか、どんなジャンルなのか分からないけど、名前だけで興味が沸いたので、りあえず購入してみた。1996年のアルバム、ビクターからですね。

聴いてみると、ジャズやR&Bのバックトラックにのせたヒップホップやディーヴァの歌声。でもギラギラした感じではなく、どこか古さを感じさせる作り。でもこういう曲が109の中でかかっていてもおかしくないなぁ。特に嫌いでもなく好きでもない。

ただ、ヒップホップやソウルのシーンがNY勢で埋め尽くされている中、邦人グループが頑張っているところは好感が持てる。

タワーオブパワーみたいなバリバリファンクを想像してたなぁ。だったらそのまま追いかけてたのに。ただ、こうやって名前だけで買われたりするんだと思うと、バンド名は分かりやすくてインパクトがあるやつが良いんだって分かります。une-voixとかGLASS+TICKSはどうなのかな。


VOICEVOICE
(2005/01/26)
GRUNION

商品詳細を見る

数多くのポップスアーティストに楽曲を提供している作曲家は、どうやって作曲をしているのか本当に分からない。毎日のように大衆ウケする楽曲を書く様は、まるでメロディの泉である。

林哲司先生と言えば、自分の中ではオメガトライブの「ふたりの夏物語」である。他にも「悲しい色やね」とか「悲しみがとまらない」とか、とにかくどれだけヒットソングを作ったか分からない大作曲家である。その先生が、今でもバンド活動を行っているのである。それが「GRUNION」である。

元LOOKの広石さんと女性シンガーの吉田さんとの3人ユニットだが、何が良いって「まだ現役」なところである。一度作曲家の頂点に立った人が、音楽ユニットにどんな可能性を求めているのか。もちろんサザンの桑田さんとか、ずっとバンド内で曲を作ってリリースして来た人は素晴らしいが、作曲家先生は様々なアーティストに曲を提供していくのが仕事。年老いたバンドは演奏できなくなると解散していくが、作曲家はそれが無いのだ。都志見隆さんとか馬飼野康二さんとか、未だに現役の先生方を見ると恐れ入る。

そんな作曲家から少しでもエッセンスを得たいとこういったCDを購入するのだが、もう完成され尽くしていて逆に参考にならない。オーディオコメンタリーをつけて、1曲1曲解説して欲しいくらいである。あ、それがあったら絶対買うなぁ。

GRUNIONはマニアックすぎて動画がないので、ボーカルの吉田さんの動画を。

イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。