2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーウェイ・トラフィック(CCCD)トゥーウェイ・トラフィック(CCCD)
(2002/09/11)
Toshiyuki Goto

商品詳細を見る

Toshiyuki Gotoのアルバム。名前を知らなかったのでとりあえず購入。ハウスの人ってことくらいしか知らなかった。カッティングエッジはこういう人のアルバムを出すから結構好き。

調べてみると、ジャズキーボーディストの菊池雅章さんとコラボユニットを組んでいたらしい。なるほど、このアルバム「Two-Way Traffic」も菊池さんが参加している楽曲がいくつかあるのはそういうことか。ダンスやハウスのジャンルにハマったことがないのであまり詳しいレビューが書けないのだが、10曲聴いて嫌気が刺すようなループもなく、とても心地良くノらせてくれた。

DJは単身渡米したり、突発的なユニット活動をしたりして、結果として評価されることもあるが、ほとんどのDJはそれでは食べていけていないだろう。たくさんのCDをミックスする技術に長けているため、音楽にかなり精通している分、普段はCDレビューを書いたり本を出版したりして生計を立てるのだろうか。それとも、一般職について夜だけDJをして生活をするのだろうか。

そういえば全然関係ないが、ほったらかしにしていたFacebookから「ちょっとは触ってよ!」的なメールが来たので再開した。すると、アーティストでGoogle検索するとFacebookのページがすぐに見つかるのに今さら気づく。Toshiyuki GotoさんももちろんFacebookをやっていた。Twitterもそうだが、アーティストやタレントをこんなに近くに感じることが出来るのは、良いやら悪いやら。昔はブログだってHPだって無かったので、雑誌やラジオ・TVの情報をひたすら探すというのが楽しかったのに。今ではFacebookに連携して終了、である。

音楽もインターネット上に溢れてしまっている。結果、良いものがたくさんの人に伝わればそれでいいんだろうけど、難しいなぁ。

スポンサーサイト

MG4MG4
(2000/07/26)
MONDO GROSSO、タニア・マリア 他

商品詳細を見る

同じCDを2枚買ってしまう、ということがよくある。一度に、ではない。「これ持ってたかなー?持ってなかったと思うなー。よし、買おう!」・・・で、帰ってみるとやっぱり持っていた、ということ。

最近友達が家に遊びに来たので、重複しているCDの片方を全てプレゼントした、というか押し付けた。何となく中古CD屋にCDを売るという作業がイヤで、自分のものを売ること自体に嫌悪感を感じる。寂しくて捨てられないという気持ちと似ているが、全てのCDに思い出が何となく詰まっている気がするので、養子に出すようなことはしたくないのである。

CDが被ってしまう原因は、簡単に言えば「CDを買ったけど聴いていないので、そのCDに対する印象が薄い」ということと、「とにかくアーティストのCD集めが趣味で、コンプリートしなければ気が済まない」という気持ちがあることからである。だからこそこんなブログを書いて、自分への戒めのためにCDそれぞれに対して感想を残していっているわけだが。


ついこの間も、「持っているCD」を買ってしまった。MONDO GROSSOの「MG4」である。モンドグロッソを見ると何となく聴きたくなって、100円で売っていようものなら、ハズレであってもとりあえず買っておこう、という気になる。中古CDマジックである。大沢伸一さんのプロジェクトは何となく集めているので、1つ1つのアルバムに思い入れがないんだよなー。女性ボーカルのバンドをやっているので、こういった半分クラブ・半分ジャズのアプローチは非常に参考になる。


逆に、同じCDを2枚持っているそこのアナタ!僕が貰いに行くのでご連絡ください。

Endless SummerENDLESS SUMMER
(2007/06/20)
金原千恵子

商品詳細を見る

金原千恵子師匠。元々はサザンのバックで弾いていたので注目するようになった。最近ではどんなジャンルのバックでも数多く演奏している。

僕はバイオリンは弾けないので、バイオリニストのアルバムは基本的には買わないのだが、「image」路線からメロディアスなバイオリニストのアルバムは少しずつ買うようになった。葉加瀬太郎さんはもちろんとして、中西俊博さんとか宮本笑里さんとか。それぞれポップなアレンジで歌ったバイオリンの音色が印象的なアルバムだった。

金原師匠のアルバム「エンドレス・サマー」は、全くバイオリンが目立たない。バックの演奏もかなり打ち込みが多いし、ポップというよりアシッド・ジャズのような雰囲気。バイオリンはたまにソロを弾いたり、ジャズでいうところのテーマをユニゾンで奏でたりする程度だ。8曲入りだが、それぞれの楽曲は別の方がプロデュースしていて、ラウンジミックスだったりダブミックスだったり、本当に様々なジャンルである。だが、金原師匠はそれぞれの楽曲の「作曲」部分も携わっているようだ。

オーケストラの「コンマス」じゃないけど、バイオリンは普通「Chieko Kinbara Strings」のように、その弦たちのリーダーが名前をCDに記載される。「金原グループ」ということだろう。昔は篠崎正嗣さんや桑野聖さんがその場所に名前を書かれることが多かったが、世代交代ということだろう。

金原師匠の時代もそろそろフェードアウトで、また新たな「○○Strings」の時代が来るだろう。「Emiri Miyamoto Strings」とCDに書かれるのはいつのことだろうか。

「ICE III」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「ICE III」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る

MOON CHILDっていうアーティストがいて。「ESCAPE」で有名な人たちだが、彼らのことが凄い好きでシングルもアルバムも集めてたら、「MOON CHILD」というタイトルのシングルを買ってしまったことがある。そのアーティストがICEだった。

FMをよく聴いてたときに、ICEは結構流れてて、セクシーな女性ボーカルとサイケデリックなギター、アレンジに戸惑った。中学1年生にはあのサウンドはちょっと早かったのかも。今聴き直してみると凄い凝って作ってたんだなってことが分かる。

ギターの宮内さんの伝説をよく聴いた。ギブソンの専属プレイヤーだったり、トータス松本さんも斉藤和義さんも彼のことを尊敬していたらしい。ICEの楽曲を聴いてると、ボーカルの国岡さんのことをとても考えて、彼女の声を一番よく聞かせる楽曲とアレンジを生み出しているところが素晴らしい。クリエイターとして最も重要なことを、人一倍努力して成り立たせていて、心底凄いと思う。ギターめちゃめちゃ上手いのに前に出ないし。

2007年に彼が他界したときは結構ショックで、アルバムを一通り聴き直したりしたなぁ。お亡くなりになる前に、ライブを一度見てみたかった。国岡さんが一人でバンド活動したりしてるみたいだし、今度見てみようかな。

TimelessTimeless
(2001/10/03)
Yukihiro Fukutomijosh Milan

商品詳細を見る

発熱して会社を休むことがある。身体は丈夫な方なのだが、人間1年に1度くらいは体調が悪くなるように出来ているようだ。ちょうどその日は、ゲストに福富幸宏さんをお呼びしているときだった。

番組の収録はパーソナリティとADに任せて、会社を休むことにしたのだが、福富さんにお会いできなかったことは今でも悔やまれる!ジャパニーズ・ハウスの創始者には色んな話をお聞きしたかったし、スタジオの良いスピーカーで最新作を堪能出来なかったのは痛い。(もちろん新作のCDサンプルは頂いていたが)

Kyoto Jazz MassiveやJazztronikのようなクロスオーバーなスタイルが最近では流行っており、何となくジャズのエレピがフィーチャリングされていたり、海外の多才なリズム(ラテン、アフロビートなど)を取り入れるDJも少なくないが、福富さんは20年くらい前からその基盤を作り続けていた。DJ文化には疎い自分だが、福富さんのCDはどんどん掘り下げていきたいと思うくらいである。

アルバム「Timeless」には、ショーロクラブの笹子さんやm-floのLISAさん、元コーザノストラの河野伸さんなど多くのアーティストが参加。

イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。