2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

havaianas-para o mundo-havaianas-para o mundo-
(2006/06/07)
オムニバスフレンズ・フロム・リオ2 feat.セリア・バズ

商品詳細を見る

ブラジルのクラブジャズが流行っている。コットン・クラブやモーション・ブルーなどでは、1ヶ月に1公演くらいそれが演奏されているように思える。最近行ってないなぁ。

日本の音楽シーンにはラテンのリズムとブラス・セクションの誘導がずっと台頭している、気がする。ノリの良いキャッチーなポップスにはつきものである。潜在的に、日本人は「ノレる」「心地よい」「ウキウキする」といった感情が素直に出せる音楽を好む傾向にあると思う。HIP/HOPであっても、歌詞や表現の世界を重んじるアメリカ/ヨーロッパとは異なり、どんな楽曲をフィーチャリングしていて、どんなグルーブを楽しめるかに重点を置く日本人。これは理系的音楽脳だなぁとよく感じるところ。

アルバム「havaianas para o mundo」は、ブラジルのビーチサンダルブランド「ハワイアナス」から派生して生まれた、ブラジル音楽のオムニバスシリーズ第3弾。ジョイスやマルコス・ヴァーリなど、ブラジリアンクラブジャズのアーティストが勢ぞろいしているアルバムである。ロンドンから生まれたクラブジャズ、縦ノリのヨーロッパから横~腰ノリのブラジル要素が加わってとても日本人好みのサウンドに仕上がっている。ジョイスを聴くと完全にorange pekoeはジョイスのパクりなんだなぁと思ってしまうけれど。

ランブリングレコードはワールドミュージックを大衆的に売る売り方を知っているなぁ。もっともっと色んな要素が音楽シーンに食いこんで来て欲しいものである。
スポンサーサイト

イデキョウタ

イデキョウタ

東京の某AM局勤務。 アニメ&ゲーム関係の番組企画やイベントの企画/制作をしています。 両親が音大、家がピアノ教室という家庭で育ちました。中学から現在までずっとギターの一辺倒。今では、仕事の傍らでいくつかのバンドを掛け持ちしています。色んなジャンルの音楽を奏でられてとても楽しいです。
●12月11日(土)
【坂本真綾カバーライブ(仮)】
場所:歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/
時間:18時半開場?
料金:¥1,500?

※詳細不確定ですので、確定しましたら更新致します!


●1月にゴスペルライブのバック演奏予定
※詳細未定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。